授乳中の服用|偏頭痛の薬

*

偏頭痛ナビ

偏頭痛に関する情報まとめサイト

TOP > 偏頭痛の薬 > 授乳中の服用

授乳中の服用

出産してから偏頭痛に悩まされるようになったという人は少なくありません。

しかし、授乳中の人は母乳が赤ちゃんに与える影響を考えて、市販薬や処方薬を飲めずにいるのではないでしょうか。

ここでは、偏頭痛の薬の中で授乳婦でも飲めるものを紹介しています。

市販薬「アセトアミノフェン」は授乳中でも服用できる

つらい頭痛を和らげるために薬の力を借りたいものですが、授乳中だと「母乳に薬の成分が入ってしまって、赤ちゃんに悪い影響を与えてしまうんじゃないか…」と心配になると思います。

その点に関しては、ある程度明確な指針が定められています。授乳中に飲んでも大丈夫な薬のリストというものが公表されており、その中には、偏頭痛に用いられる薬も含まれています。

薬剤添付文書によると、一般に市販されている痛み止めの中では、「アセトアミノフェン」が授乳中でも服用可能とされています。

アメリカのガイドラインでは、「イブプロフェン」などの痛み止めも安全であるとされていますが、日本ではアセトアミノフェンのみが基準にかなっていますので、第一にこの薬を選択するのが良いでしょう。

スポンサーリンク

処方薬「イミグラン」は条件を守れば授乳中でも服用できる

病院で処方される薬である、トリプタン系の薬剤は基本的に授乳中は飲めません。

しかし、この中でも「イミグラン(スマトリプタン)」という薬は、投薬後12時間以上時間を空ければ、母乳中に薬の成分が入らなくなるので、時間を空けることを条件に服用が可能となっています。

赤ちゃんの安全を第一に考えよう

このように、いくつもある偏頭痛の薬の中でも、授乳中に飲めるものと飲めないものが存在しています。また、条件付きであれば服用ができるというものもあります。

抗がん剤や放射性医薬品など、重い副作用を起こす恐れのある薬以外は、ほとんど母乳に移行しません。市販薬の場合、母乳に移行する成分の割合はほんのわずかです。

しかし、副作用の少ない薬でも、赤ちゃんに何らかの悪い影響が及ぶ可能性はゼロとは言い切れません。赤ちゃんの安全を第一に考え、服用する薬には細心の注意を払いましょう。

もちろん、薬での治療が必要なほど重い病気を抱えている人は、薬の服用を優先すべきです。その場合は、ただちに授乳をストップしてください。

スポンサーリンク

「偏頭痛の薬」の関連記事

薬の種類
つらい偏頭痛から解放されるためにできることはいろいろあります。生活習慣の改善、ツボ押し、偏頭痛に効果のある食品を摂る方法などの対策の他、投薬による症状の緩和も考えられるでしょう。 それでは、偏頭痛の薬にはどのような種類が […]
薬を服用するタイミング
市販の薬にせよ、医療機関を受診して処方してもらった薬にせよ、薬を飲むタイミングを逸すると効き目が現れないことがあります。そのため、偏頭痛の薬は飲むタイミングがとても重要です。 ここでは、偏頭痛の薬を服用するタイミングにつ […]
薬の副作用
偏頭痛に効果のある薬はいくつもあり、多くの人が服用しています。しかし、薬はその効果性とともに、副作用があるというのが一般的です。薬を飲む場合は、そのリスクも考慮する必要があります。 では、偏頭痛の薬にはどのような副作用が […]
薬が効かない理由と対処法
つらい偏頭痛から解放されたいと薬を飲んでいるのに薬が効かない、以前は効いていたのに最近は効きが悪くなってきたと訴える人がいます。 偏頭痛の薬が効かない理由とは一体何なのでしょうか?その対処法と合わせて見ていきましょう。 […]
子供の服用
偏頭痛に悩まされているのは大人だけではありません。子供にも偏頭痛を患っているケースが見られますし、大人と同じようにつらい痛みを経験しています。 では、子供が服用できる偏頭痛の薬には一体どんなものがあるのでしょうか? 子供 […]
偏頭痛の診療科
「頭痛がひどいから処方箋が欲しい。だけど、偏頭痛って病院の何科を受診すれば良いの?」。あなたはそんな疑問を抱えているのではないでしょうか。 ここでは、偏頭痛のときに受診するべき診療科について説明しています。 頭痛外来 偏 […]