薬の副作用|偏頭痛の薬

*

偏頭痛ナビ

偏頭痛に関する情報まとめサイト

TOP > 偏頭痛の薬 > 薬の副作用

薬の副作用

偏頭痛に効果のある薬はいくつもあり、多くの人が服用しています。しかし、薬はその効果性とともに、副作用があるというのが一般的です。薬を飲む場合は、そのリスクも考慮する必要があります。

では、偏頭痛の薬にはどのような副作用があるのでしょうか?

ロキソニンの副作用「過敏症」「吐き気・嘔吐」「眠気」など

効果が高く副作用の少ない市販薬として知られているロキソニンですが、それでもいくつかの副作用はあります。

まずは、発疹などのアレルギー症状を起こす過敏症が挙げられます。めったにありませんが、万が一このような症状が出た場合は、ただちに服用をやめ、医師の診察を受けてください。

他にも吐き気や嘔吐といった症状が現れたり、眠気をもたらす場合があります。集中力が求められる仕事をしている時や、運転をしなければならない時は避けた方が良いでしょう。

また、こうした痛み止めはずっと飲み続けていると、逆に頭痛を慢性化させる恐れがあります。頻度や量をコントロールをしながら飲むことが大切です。

スポンサーリンク

トリプタン系薬剤の副作用「胸部の不快感・締め付け」など

医療機関を受診して処方される薬の中には、トリプタン系の薬剤が多く見られます。トリプタン系はセロトニン作用を示す薬で、血管を収縮させることで偏頭痛の元を取り除き、痛みをなくしてくれます。

副作用はそれほど大きなものはありませんが、まれに胸部の不快感や締め付けられるような感じを起こす場合があります。そのため、心筋梗塞を患っている人などには投与できないことになっています。

また、トリプタン系はセロトニン作用の薬ですから、抗うつ薬などを飲んでいる場合は、飲み合わせに十分注意しなくてはなりません。抗うつ薬はセロトニンの分泌を抑える働きがあるからです。通常服用している薬があるなら、処方してもらう際にしっかりと医師に説明するようにしましょう。

セロトニンについては、偏頭痛の原因はストレス?で詳しく解説していますので、こちらをご覧下さい。

このように、市販薬でも処方薬でもその効果と引き替えに副作用が現れることがあります。

もちろん、重篤な副作用を示すものはほとんどありませんが、その時の体調などによっても現れ方が異なります。しっかりと自分の体調を見ながら、投薬管理を行うようにしましょう。

スポンサーリンク

「偏頭痛の薬」の関連記事

薬の種類
つらい偏頭痛から解放されるためにできることはいろいろあります。生活習慣の改善、ツボ押し、偏頭痛に効果のある食品を摂る方法などの対策の他、投薬による症状の緩和も考えられるでしょう。 それでは、偏頭痛の薬にはどのような種類が […]
薬を服用するタイミング
市販の薬にせよ、医療機関を受診して処方してもらった薬にせよ、薬を飲むタイミングを逸すると効き目が現れないことがあります。そのため、偏頭痛の薬は飲むタイミングがとても重要です。 ここでは、偏頭痛の薬を服用するタイミングにつ […]
薬が効かない理由と対処法
つらい偏頭痛から解放されたいと薬を飲んでいるのに薬が効かない、以前は効いていたのに最近は効きが悪くなってきたと訴える人がいます。 偏頭痛の薬が効かない理由とは一体何なのでしょうか?その対処法と合わせて見ていきましょう。 […]
授乳中の服用
出産してから偏頭痛に悩まされるようになったという人は少なくありません。 しかし、授乳中の人は母乳が赤ちゃんに与える影響を考えて、市販薬や処方薬を飲めずにいるのではないでしょうか。 ここでは、偏頭痛の薬の中で授乳婦でも飲め […]
子供の服用
偏頭痛に悩まされているのは大人だけではありません。子供にも偏頭痛を患っているケースが見られますし、大人と同じようにつらい痛みを経験しています。 では、子供が服用できる偏頭痛の薬には一体どんなものがあるのでしょうか? 子供 […]
偏頭痛の診療科
「頭痛がひどいから処方箋が欲しい。だけど、偏頭痛って病院の何科を受診すれば良いの?」。あなたはそんな疑問を抱えているのではないでしょうか。 ここでは、偏頭痛のときに受診するべき診療科について説明しています。 頭痛外来 偏 […]