左のこめかみが痛い場合|偏頭痛以外の病気の可能性

*

偏頭痛ナビ

偏頭痛に関する情報まとめサイト

TOP > 偏頭痛以外の病気の可能性 > 左のこめかみが痛い場合

左のこめかみが痛い場合

偏頭痛の痛みは人によって大きく異なります。頭全体が痛くなる人もいれば、頭の片側、こめかみが痛むという人もいます。左のこめかみだけに痛みを感じる人もいるようです。

しかし、左のこめかみが痛む場合は他の病気の可能性も考えられます。

脳梗塞・脳出血など脳の病気

偏頭痛であれば、ズキズキと脈打つような頭痛が慢性的に起こります。

こうした症状ではなく、ガンッと殴られたような痛みを感じる場合は「脳梗塞」「脳出血」といった脳の病気である可能性が考えられます。

こめかみの痛みは脳梗塞や脳出血の症状の一つでもあるので、左のこめかみが痛む場合は脳の病気を疑い、早めに医療機関を受診した方が良いでしょう。

脳梗塞と脳卒中の主な症状として、手足のしびれ、ものが二重になって見える複視、言葉を理解することや発することができない失語症などが挙げられます。左のこめかみの痛みと合わせて、このような症状が出ている場合は注意が必要です。

脳梗塞や脳卒中は、高血圧や糖尿病といった、生活習慣の乱れが原因で発症する病気が元になって引き起こされると言われています。偏った食生活を送っている、運動不足が続いているという方は非常に危険です。

スポンサーリンク

これらの病気は30代などの若い世代でも発症する病気ですので、「若いから大丈夫」と楽観視しないようにしましょう。

このように、左のこめかみが痛む場合、偏頭痛の可能性もありますが、他の病気の可能性も捨てきれません。重い病気である場合もありますので、自己判断せず、医師の診断を仰ぎましょう。

群発頭痛

お酒の飲み過ぎや気圧の大きな変化などによって引き起こされる「群発頭痛」でも、左のこめかみが痛くなることがあります。

群発頭痛は、季節の変わり目や梅雨の時期に出ることが多い傾向にあります。心身のストレスによって痛みが重くなることもありますので、リラックスした状態を保つのが痛みを和らげる鍵となります。

2~3年周期に1~2ヶ月激しい頭痛が続く場合は、群発頭痛である可能性が高いです。

群発頭痛の概要や治療法については、偏頭痛と歯痛が同時に起こる病気で詳しく説明しています。

スポンサーリンク

「偏頭痛以外の病気の可能性」の関連記事

頭痛が毎日起こる場合
頭痛の種類にはいくつかあり、偏頭痛は特徴的な症状を現します。頭痛の頻度という観点から見ると、偏頭痛は週に1回程度起こるもので、毎日起こるような高い頻度のものではありません。 それでは、頭痛が連日続くのは何か他の病気なので […]
歯痛を伴う場合
偏頭痛にせよ他のタイプの頭痛にせよ、頭部が痛むだけでなく、身体の他の部分に痛みや違和感、しびれなどをもたらすことはよくあります。そのうちの一つが、歯痛でしょう。 しかし、頭痛と歯痛が同時に起こる場合は、他の病気の可能性も […]
鼻血を伴う場合
鼻血はちょっと鼻をぶつけただけでも出るものなので、さほど珍しいものではありません。しかし、頭痛とともに鼻血が出た場合には、いろいろな病気が疑われますので、注意が必要です。 それでは、頭痛と鼻血が同時に起こる病気について見 […]
発熱を伴う場合
偏頭痛と発熱が同時に起こるというケースは、実はあまり多くありません。偏頭痛が起こると、血圧が低くなっている傾向がありますので、むしろ通常より熱が低いという人が多く見られます。 ここでは、頭痛と発熱が同時に生じる病気につい […]
腹痛を伴う場合
偏頭痛を持っている人の中には、腹痛を訴える人もいます。偏頭痛のときの腹痛は、頭部にある神経が胃腸に何らかの作用を及ぼすために起こると言われています。 では、偏頭痛以外に頭痛と腹痛が同時に起こる病気はあるのでしょうか? 食 […]
左の後頭部が痛い場合
偏頭痛の症状は様々あり、左後頭部が痛むというケースもあります。 しかし、左後頭部だけ痛いという場合、偏頭痛以外の病気の可能性もあるので注意が必要です。 ここでは、左後頭部が痛む場合に考えられる病気について説明しています。 […]
右のこめかみが痛い場合
偏頭痛の場合はこめかみが痛む場合が多いです。こめかみ全体が痛いという人もいれば、片側だけ痛むというケースもあり、右のこめかみだけが痛いという人もいます。 しかし、右のこめかみの痛みは、偏頭痛以外の病気の症状とも捉えられま […]
右の後頭部が痛い場合
偏頭痛は、血管が脈打つような痛みで、週一回ほどの頻度で起こります。もし、右の後頭部にこうした偏頭痛の痛みと異なる痛みが現れているのであれば、他の病気が考えられます。 それでは、右の後頭部が痛む病気について見ていきましょう […]