発熱を伴う場合|偏頭痛以外の病気の可能性

*

偏頭痛ナビ

偏頭痛に関する情報まとめサイト

TOP > 偏頭痛以外の病気の可能性 > 発熱を伴う場合

発熱を伴う場合

偏頭痛と発熱が同時に起こるというケースは、実はあまり多くありません。偏頭痛が起こると、血圧が低くなっている傾向がありますので、むしろ通常より熱が低いという人が多く見られます。

ここでは、頭痛と発熱が同時に生じる病気について説明しています。

髄膜炎

頭痛とともに発熱が見られる病気の中に、「髄膜炎」というものがあります。

髄膜炎とは、髄膜(脳と脊髄を覆う膜)がウイルスもしくは細菌に感染し、炎症を起こす病気です。

頭痛や発熱の他、光を嫌がる、会話にまとまりがないといった異常な様子が見られるなら注意が必要です。こうした症状が出る前に、副鼻腔炎や中耳炎などの感染症にかかっていたのなら、その可能性はより高くなります。

髄膜炎は脳機能に重大な障害をもたらすことがありますし、最悪死に至るケースもあります。心配な時は、躊躇せず医師に診てもらいましょう。

風邪

こうした重篤な病気以外でも、頭痛と発熱が現れる場合があります。それは、最も身近な病気である「風邪」です。

スポンサーリンク

「単なる風邪だから放っておけば治る」と侮ってはいけません。風邪は重症化すると気管支炎や肺炎を併発することがあるのです。

コンコンという咳が出ていたり、喉がイガイガしている場合は、風邪の可能性が高いです。しっかり休息をとって早めに治しましょう。

熱中症

暑い時期ですと、「熱中症」の可能性も考えられるでしょう。

熱中症にかかると、頭痛や40度を超す高熱、軽度のけいれんなどが症状として現れます。

暑いところに長時間いて、尚且つ前述のような症状が出ているのであれば、熱中症かもしれません。体を冷やすことと水分の摂取に努め、少しでも熱を外に逃がすようにしましょう。

風邪にせよ熱中症にせよ、水分の不足によって病気にかかりやすくなったり、症状が重くなったりします。ですので、日頃から水分はしっかりと摂るようにしましょう。

このように、頭痛と発熱はよくある症状とはいえ、思わぬ重い病気のサインであることも考えられます。同時にこの症状が出ていて、普通と違う様子であれば要注意です。

スポンサーリンク

「偏頭痛以外の病気の可能性」の関連記事

頭痛が毎日起こる場合
頭痛の種類にはいくつかあり、偏頭痛は特徴的な症状を現します。頭痛の頻度という観点から見ると、偏頭痛は週に1回程度起こるもので、毎日起こるような高い頻度のものではありません。 それでは、頭痛が連日続くのは何か他の病気なので […]
歯痛を伴う場合
偏頭痛にせよ他のタイプの頭痛にせよ、頭部が痛むだけでなく、身体の他の部分に痛みや違和感、しびれなどをもたらすことはよくあります。そのうちの一つが、歯痛でしょう。 しかし、頭痛と歯痛が同時に起こる場合は、他の病気の可能性も […]
鼻血を伴う場合
鼻血はちょっと鼻をぶつけただけでも出るものなので、さほど珍しいものではありません。しかし、頭痛とともに鼻血が出た場合には、いろいろな病気が疑われますので、注意が必要です。 それでは、頭痛と鼻血が同時に起こる病気について見 […]
腹痛を伴う場合
偏頭痛を持っている人の中には、腹痛を訴える人もいます。偏頭痛のときの腹痛は、頭部にある神経が胃腸に何らかの作用を及ぼすために起こると言われています。 では、偏頭痛以外に頭痛と腹痛が同時に起こる病気はあるのでしょうか? 食 […]
左のこめかみが痛い場合
偏頭痛の痛みは人によって大きく異なります。頭全体が痛くなる人もいれば、頭の片側、こめかみが痛むという人もいます。左のこめかみだけに痛みを感じる人もいるようです。 しかし、左のこめかみが痛む場合は他の病気の可能性も考えられ […]
左の後頭部が痛い場合
偏頭痛の症状は様々あり、左後頭部が痛むというケースもあります。 しかし、左後頭部だけ痛いという場合、偏頭痛以外の病気の可能性もあるので注意が必要です。 ここでは、左後頭部が痛む場合に考えられる病気について説明しています。 […]
右のこめかみが痛い場合
偏頭痛の場合はこめかみが痛む場合が多いです。こめかみ全体が痛いという人もいれば、片側だけ痛むというケースもあり、右のこめかみだけが痛いという人もいます。 しかし、右のこめかみの痛みは、偏頭痛以外の病気の症状とも捉えられま […]
右の後頭部が痛い場合
偏頭痛は、血管が脈打つような痛みで、週一回ほどの頻度で起こります。もし、右の後頭部にこうした偏頭痛の痛みと異なる痛みが現れているのであれば、他の病気が考えられます。 それでは、右の後頭部が痛む病気について見ていきましょう […]