手|偏頭痛のツボ

*

偏頭痛ナビ

偏頭痛に関する情報まとめサイト

いろいろなツボが集まっている手とその周辺には、偏頭痛に効果のあるツボもいくつかあります。ツボ押しはとても簡単にできる対処法ですので、急な頭痛に備えて覚えておくと良いでしょう。

ここでは、偏頭痛に効く手のツボについて説明しています。

手のツボ①養老

病院で診察を受けたり薬を服用する場合は、時間的・金銭的コストがかかってしまうので、抵抗を感じる人もいるでしょう。その点、ツボ押しは自宅にいながら行えますし、特別な道具も必要ないので気軽に行えます。

特に手の場合は出先でも人の目を気にせず押すことができるので、学生さんやOLさんなど、日中人の多いところで過ごすことの多い人は、是非覚えておきましょう。

手に存在する偏頭痛のツボはいくつかありますが、まずは「養老」について説明します。

手首を掴むと、小指側にポコッと出ている骨があると思います。その少し下にあるのが養老です。

偏頭痛のツボ~手~

養老は頭痛の他、眼精疲労や視力低下など目の疾患にも効果があります。老化を防止したり新陳代謝をアップする効果もあるので、アンチエイジングのツボとしても知られています。

頭痛がひどいときは、この部分を少し強めに押して刺激してください。つまみ上げるようにして刺激するのも効果的です。

手のツボ②内関

手首から指三本分下がったところにあるのが、「内関」というツボです。

偏頭痛のツボ~手~

スポンサーリンク

このツボを、頭痛が出てきたときにゆっくりと強めに押してみましょう。内関は自律神経に作用するので、自律神経の乱れが原因で偏頭痛が起こっている場合、頭部がすっきりして痛みが緩和されます。

手のツボ③合谷

「合谷(ごうこく)」というツボも偏頭痛に効果があります。

親指の骨と人差し指の骨がぶつかるところからやや人差し指側に存在するのが、この合谷というツボです。

偏頭痛のツボ~手~

合谷は頭痛を解消してくれるのはもちろん、偏頭痛の症状の一つである肩こりにも効果のあるツボです。頭痛がなくても肩こりがひどい場合は押してみると良いでしょう。

ここも、少し強めに長く押すようにしてください。

このように、手にはいくつもの偏頭痛に効果のあるツボが存在しています。どのツボも簡単に押せるところにありますので、しっかりと覚えておきましょう。

手のツボを押すときのポイント

頭の左側が痛いなら右手のツボを押し、右側が痛いなら左手のツボを押す。このように、痛い側の反対の手のツボを押すというのが原則となります。

こめかみや足のツボを押すときとは少し違い、手の場合は若干強めに押すというのがポイントです。

こめかみのツボについては、偏頭痛のツボ~こめかみ~、足のツボについては、偏頭痛のツボ~足~にて詳しく解説しています。こちらも合わせてご覧下さい。

スポンサーリンク

「偏頭痛のツボ」の関連記事

こめかみ
偏頭痛に効く薬はありますが、できれば薬に頼りたくないという人もいるでしょう。そんな人におすすめなのが、体にあるツボを押して偏頭痛を解消するという方法です。 ここでは、偏頭痛に効くこめかみのツボについて説明しています。 こ […]
足にはたくさんのツボが集中していて、様々な疾患に対応するツボがあります。もちろん、頭部に対応するツボ、偏頭痛の痛み軽減に効果のあるツボもあります。 ここでは、偏頭痛に効く足のツボについて説明しています。 足のツボ①臨泣 […]